本文へスキップ

リリースノート v3.5

ハイライト

  • ドキュメントは全面的に更新され、よりスムーズなオンボーディング・エクスペリエンス、より明確なHow-Toステップ、学習を助ける画像や動画が追加されました。
  • 特集ページには、AR体験の作成に役立つ関連情報がより多く掲載されるようになりました。
  • ARDK全体から寄せられた200以上の小さな問題を含め、多くの長年のバグが修正された。

機能/修正

  • ARDK 3.0-3.4で録音されたものには、World Poseが正しく動作しない問題があります。 すべてのシナリオで正しく機能させたいのであれば、これらのシーンを再レコーディングしてください。

既知の問題点

  • Unity BuildプラットフォームがWindows/Standalone/MacOSに設定されているときにGSB zipをインポートすると、テクスチャ圧縮がDXT/BCに設定され、iOS/Androidデバイスのビルドと互換性がありません(ARLocationで "Include Mesh in Build "オプションを使用している場合)。 推奨される回避策は、GSB zipをインポートする前に、Unity BuildプラットフォームをiOSまたはAndroidに設定することです。 あるいは、Windows/Standalone/MacOSのBuild Settingsの "Texture Compression Override "を "Force Uncompressed "に設定しますが、テクスチャのサイズが大きくなります。
  • Unity 2021.3.31~2021.3.37のWindowsマシンでLightship Simulationを使用すると、エラーが発生し、レンダリングに失敗します。 この動作は AR Foundation 5.0 で発生し、Unity 2022 で修正されました。
  • 複数のパッケージ(ARDK や Shared など)をアップデートする際に、古いバージョンの ARDK から 3.5 にアップデートすると、Library フォルダが破損することがあります。 Unityを終了し、Libraryフォルダを削除し、プロジェクトを再度開くと問題は解決します。 これはUnityの問題で、現在修正方法を調査中です。