本文へスキップ

用語集

Agent - Navigation Meshでナビゲートできるキャラクター。

AR Scene - AR を有効にするために ARSessionXROrigin を設定した Unity Scene。 ARシーンの設定を参照。

Augmented Reality (AR) - 拡張現実とは、現実世界の場所を利用し、その場所にデジタル・オブジェクトや体験を追加することである。

Colocalization - 2人以上のユーザーを、その位置に基づいて Shared AR (共有AR) experienceに配置するプロセス。 共有ARを参照。

Component - Unity コンポーネント.

Dataset - Unityエディタで再生してテストするために、実際の場所でARアプリケーションを録画します。 再生用データセットの作成方法を参照。

Depth(深度) - 物体がカメラからどのくらい離れているかの推定。 これは、ARオブジェクトを説得力を持って配置するために使用される。 深度を参照。

Depth Occlusion - ARオブジェクトが現実世界のオブジェクトによって視覚的に遮られるかどうかを推定するために深度を使用する。 深度オクルージョン サンプルをご覧ください。

Geospatial Browser - 世界中の VPS-Activated Locations を検索して見つけることができます。 プロジェクトに使用したい場所を選択し、関連する3Dメッシュアセットをダウンロードできます。 Geospatial Browserの使い方を参照。

Image Tracking Colocalization - 実世界の画像を使って ユーザーをコロカライズする . 共有 ARを参照。

ローカライゼーション - AR体験にユーザーを配置するプロセス。 Creating Location AR Experiences with VPSを参照。

Location AR - 現実世界の場所をAR体験の中心として利用する。 Creating Location AR Experiences with VPSを参照。

Meshing (メッシング) - メッシュ生成は、深度とトラッキングデータを使用して、スキャンされた実世界の推定ジオメトリを表すメッシュを生成します。 メッシングを参照。

Mock Colocalization - Mock Colocalizationは、 Colocalization 機能を使用して、共有AR体験を作成せずにネットワーキングをテストします。 共有ARを参照。

Navigation Mesh (ナビゲーション・メッシュ) - ARオブジェクトが現実世界の障害物をナビゲートできるようにする特殊なメッシュ。 ナビゲーションメッシュを参照。

Neural Network Model(ニューラル・ネットワーク・モデル) - ニューラル・ネットワーク・モデルは、 Depth(深度)Semantic Segmentation(セマンティック・セグメンテーション) などの機能が、AR環境で各ピクセルをどのように描画するかを知ることができるようにトレーニングされる。 ニューラル・ネットワーク・モデルのプリロードを参照。

Niantic Wayfarer - Lightship VPSのカバレッジを向上させるために、実際の場所でスキャンを撮影して送信できるアプリ。 Niantic Wayfarerのインストールと使用方法](/docs/ja/ardk/how-to/vps/install_and_use_niantic_wayfarer)を参照してください。

Occlusion(オクルージョン) - オクルージョンは仮想オブジェクトに奥行きを与え、現実世界のオブジェクトの後ろや前に見えるようにします。 オクルージョンを参照。

ParrelSync - ParrelSync は、別のUnityエディタウィンドウを開き、元のプロジェクトからの変更をミラーリングすることで、ユーザーがプロジェクトをビルドせずにマルチプレイヤーゲームプレイをテストできるようにするUnityエディタ拡張機能です。

Persistent Anchors - ARシーンに配置され、シーン内の他のネットワークスポーンオブジェクトの共有参照点(それゆえ「アンカー」)として機能するオブジェクト。 アンカーは、AR体験を共有する参加者全員の間で共有され、セッションの間も持続する。 Using Persistent Anchorを参照のこと。

Playback(プレイバック) - 特定の場所の録画済みビデオをインポートし、Unityエディタで実行できる機能。 Playbackを参照。

Playback Data - Unityエディタで再生するために作成した Dataset再生用データセットの作成方法を参照。

プライベートVPSロケーション - VPS Niantic Wayfarerアプリを使用したテストに使用する、あなたの周辺地域のロケーションです。

Project Validation - Niantic Lightshipは、Unity Project Validation Systemのアップグレードバージョンを提供し、開発者は、SceneやProjectsにおける設定の問題など、一般的なエラーについてプロジェクトをチェックすることができます。 Project Validationを参照のこと。

Real-World Occlusion - Depth Occlusion を実世界のオブジェクトに適用。 オクルージョンを参照。

Real-World Objects(現実世界の物体) - セマンティック・セグメンテーションによって識別された実世界の物体. How to Query Semantics to Find Real-World Objectsを参照のこと。

Real-World Position(現実世界の位置) - カメラによってキャプチャされたシーン上で、 スクリーンポイント と一致する実世界の位置。 How to Convert Screen Point to Real-World Position Using Depthを参照のこと。

Room (ルーム) - 共有ルーム 複数のプレイヤーが同じ 共有AR 体験に参加できる。

Screen Point - カメラ画像内の2D位置。 How to Convert Screen Point to Real-World Position Using Depthを参照のこと。

Semantic (セマンティック) - セマンティック セグメンテーション.

Semantic Depth Suppression - 特定のセマンティック・チャンネルの深度値を遠距離深度平面に保持できるようにする。 Niantic Occlusion Extensionを参照のこと。

Semantic Segmentation(セマンティック セグメンテーション) - 画像内の特定の領域にクラスラベルを割り当てるプロセス。 セマンティクスを参照。

共有AR - 複数のプレイヤーが参加できるAR体験。 共有 ARを参照。

Shared Room(共有ルーム) - 複数のプレイヤーが同じ Shared AR 体験に参加できる仮想空間。

共有オブジェクト - 共有オブジェクトとは、複数のプレーヤーが見ることができる、現実世界の場所にある仮想オブジェクトのことです。 共有オブジェクトの表示方法を参照のこと。

テストスキャン - テストに使用されるプライベートVPSロケーション.

Visual Positioning System (VPS) - Lightship VPS を使用すると、実世界の VPS-Activated Locationsの位置を特定して理解することで、デバイスを実世界の位置と同期させることができます。 Creating Location AR Experiences with VPSを参照。

VPS有効なロケーション - Lightship VPSアプリが関与できる、ユニークまたは注目すべき、一般にアクセス可能な実世界の場所。 Creating Location AR Experiences with VPSを参照。

VPS Coverage Areas - ユーザーがVPSでローカライズし、永続的なARコンテンツと対話できる地理的地域。 Creating Location AR Experiences with VPSを参照。

VPS Localization - VPS-Activated Locations を使用して Shared AR 体験を開始するプロセス。 Creating Location AR Experiences with VPSを参照。