本文へスキップ

ライトシップARDKのセットアップ

Unityのダウンロードとインストール

ユニティのダウンロード Unity 2022 LTS(2022.3.16f1)と2021 LTS(2021.3.33f1)をサポートしています。

Unity 2022 LTSのユーザーは、SessionStateChangedEventUnitエラーを回避するために、パッケージマネージャ経由でVisual Scriptingを1.9.0から1.9.1以上に手動でアップグレードする必要があります。

最新のARDKパッケージをインストールする

  1. 3D(Core) テンプレートを使用して、新しいUnityプロジェクトを作成します。
  2. UnityプロジェクトでWindowトップメニューを開き、Package Managerを選択します。
  3. Package Manager タブのプラスメニューから、 Add package from git URL...を選択してください。

    Package Manager メニュー

  4. https://github.com/niantic-lightship/ardk-upm.gitを入力します。
    1. プロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして、ARFoundation 5.0の新しい入力システムパッケージをアクティブにします。 この場合、Unityエディターの再起動が必要になることがあります。
  5. SharedARパッケージを追加するには、代わりに次のURLを使用してこれらの手順を繰り返します: https://github.com/niantic-lightship/sharedar-upm.git.

特定のARDKバージョンを使用するには、リリースページから.tgzをダウンロードしてください(ardk-upmsharedar-upm)。 その後、上記のインストール手順に従い、Git URLの代わりに「Add package from tarball」を選択する。

モバイルプラットフォームの設定

  1. ライトシップのトップメニューを開き、XRプラグインマネジメントを選択します。
  2. XR Plug-in Management メニューで、開発したいプラットフォームを選択し、 Niantic Lightship SDKと書かれたボックスにチェックを入れます。
    • Androidの場合は、 Niantic Lightship SDK + Google ARCoreを選択してください。
    • iOSの場合は、 Niantic Lightship SDK + Apple ARKitを選択してください。
注意

Unityのバージョン 2022.3.10f1 以上では、この時点でコンソールに エラー が表示されるかもしれません。

ビルド・プラットフォームの設定

  1. File > Build Settings の順に選択して、 Build Settings ウィンドウを開きます。
  2. iOSまたはAndroidを選択し、 Switch Platform(プラットフォームの切り替え) をクリックします。 進行状況バーが終了したら、 Player Settings をクリックします。

Androidプレーヤーの設定:

  • Other Settings > Rendering の順に移動し、 Auto Graphics API のチェックを外します。 Graphics APIリストに Vulkan が表示されている場合は、削除してください。
  • その他の設定 > Identification-Minimum API Levelを Android 7.0 'Nougat' (API Level 24)以上に設定する。
  • その他の設定 > Configuration-Scripting Backendを IL2CPPに設定し、ARMv7と ARM64の両方を有効にする。
注意

Unity 2022.3.15f1 またはそれ以前を使用している場合、AndroidへのビルドにはカスタムGradleのインストールが必要です。

ここをクリックすると、Gradleのインストール手順が表示されます。
  1. GradleのReleasesページ からGradle 6.7.1をダウンロードしてインストールします。

  2. 次の手順に沿って、UnityにデフォルトでインストールされているGradleを置き換えます。

    1. Unityで、 Preferences(環境設定) > External Tools(外部ツール) > Android の順に開きます。

    2. Gradle installed with Unity(推奨) ボックスのチェックを外し、パスをGradle 6.7.1のインストール先のローカルパスに置き換えます。

        <img src={BuildSettingsCustomGradle} alt="Gradleのカスタムビルド設定" width="50%" />

      :::tip コマンドラインでビルドする場合は、Unityのビルドスクリプトで `AndroidExternalToolsSettings.gradlePath` を設定することで、Gradleのパスをカスタマイズできます。

      :::

    3. Build TargetAndroidに設定する。

iOSプレーヤーの設定:

  1. Other Settings > Identification > Signing Team ID の順に移動し、 developer.apple.com からiOSアプリの開発者キーを入力します。
  2. Other Settings > Camera Use Description - ARのユースケースの説明を記入してください(例:「Lightship ARDK」)。
  3. Other Settings > Target Minimum iOS Version - 14.0 以上に設定してください。
  4. Other Settings > Architecture の順に移動し、 ARM64 を選択します。

無料ライトシップアカウントの作成とAPIキーの設定

  1. ライトシップトップメニューを開き、「設定」を選択してライトシップ設定メニューを開きます。 Credentialsの下にあるGet API Keyをクリックします。
  2. Lightshipアカウントにログインするか、新規無料アカウントを作成してください。
  3. プロジェクトページを開き、既存のプロジェクトを選択するか、新規プロジェクトをクリックして新規プロジェクトを作成します。
  4. プロジェクトのOverviewで、API Keyの横にあるコピーアイコンをクリックしてコピーします。
  5. UnityのLightship Settingsウィンドウに戻り、APIKeyフィールドにAPI Keyを貼り付けます。

次のステップ

基本的なARシーンの設定

自分のARプロジェクトを作り始めるには、まず空のARシーンを作ることから始めます:

  1. 新しいベーシックシーンを作成する:
    1. メインメニューから、 File > New Sceneを選択します。
    2. Basic (Built-in) を選択し、 Createをクリックする。
  2. Main Camera を右クリックし、 Deleteを選択する。
  3. ARSessionXROrigin を新しいシーンに追加する
    1. Hierarchyで新しいシーンを選択してください。
    2. メインメニューから、 Game Object > XR > AR Sessionを選択します。
    3. これを繰り返して XR Origin (Mobile AR) を追加します。
  4. File > Saveを使用してシーンを保存します。
ヒント

Save As Scene Template を選択すると、次回から New Scene ダイアログでこのシーンを選択できます。

さらに詳しく

ここから、 Sample Projects ページ に進んで機能を試すか、 How-To ページ に進んでチュートリアルで試します。 ARDK 3に変換したい以前のARDKプロジェクトがある場合は、 移行ガイドをご覧ください。