本文へスキップ

ニューラルネットワークモデルのプリロード

深度やセマンティックセグメンテーションといったLightshipの認識機能は、AR環境の各ピクセルをどのように描画するかを知るためのニューラルネットワークモデルに依存している。 これらのモデルはARDKに含まれていないため、機能が出力を提供する前にアプリケーションをダウンロードしてインストールする必要があり、その結果、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼす可能性のある長いロード時間が発生します。 これを防ぐために、Lightshipはモデルのプリロード機能を提供し、アプリケーションが事前にモデルをダウンロードし、認識機能を使用する際の起動待ち時間を回避できるようにしています。

アプリケーションは、既存のモデルファイルを登録するか、ARDKにモデルファイルのダウンロードを要求することができます。 いずれにせよ、一度プリロードされたモデルファイルは、アンインストールによってクリアされるまでアプリケーションのキャッシュに保存され続け、実行時にロードされます。

既知の制限

  • モデル・プリロードは、モデル・ファイルをアプリケーション・キャッシュに保存します。 モデルの復号化は依然としてサブシステムの起動時に行われるため、アウェアネス機能を起動する際には若干の待ち時間が発生することが予想される。
  • 以前のセッションでのカスタムモデルファイルの登録は保持されません。 Lightship のデフォルトは ARDK config ファイルのモデルファイル定義で、 RegisterModel は現在のセッションの対応するフィーチャーモードを上書きします。 この制限を回避するには、モデルファイルを毎回登録し直すか、ARDKの設定ファイルにフルパスを追加します。

詳細情報

Lightship プロジェクトでこの機能を使用する詳細については、 How to Use Neural Network Model Preloading を参照してください。