本文へスキップ

Niantic Wayfarerのインストールと使用方法

Lightship VPSはパブリック・ロケーションを使用しています。パブリック・ロケーションとは、VPSを使用してローカライズできる街中なで注目すべき、また一般にアクセス可能なロケーションのことです。 Nianticは、パブリック・ロケーションとテストスキャンのスキャンを作成するために、Niantic Wayfarerアプリを提供しています。

備考

Niantic Wayfarerアプリは、Niantic Wayfarerプログラムやウェブサイトとは異なる認証情報を使用します。 Niantic Wayfarerアプリは、 Lightship.dev アカウントに関連付けられており、Niantic Wayfarerプログラムに関連付けられているアカウントではありません。

備考

Niantic Wayfarerアプリはベータ版であり、今後のリリースで機能が変更される可能性があります。 現在のところ、アプリはローエンド端末向けに完全に最適化されていません。

Niantic Wayfarerアプリのインストール

iOSまたはAndroidでNiantic Wayfarerをインストールできます。

iOS

Niantic WayfarerアプリにはiOS 12以上とiPhone 8以上が必要です。 LiDAR対応デバイスは 必要ない。

Niantic Wayfarer Appをインストールするには、iOSデバイスで Testflight for Niantic Wayfarer にアクセスしてください。

アンドロイド(ベータ版)

Niantic WayfarerアプリにはARCoreパッケージが必要です。

Niantic Wayfarerアプリをインストールするには、Android端末で Niantic Wayfarer にアクセスしてください。

Niantic Wayfarerアプリを使用する

Niantic Wayfarerアプリは、パブリック・ロケーションの表示、テスト目的のプライベート・ロケーションのテストスキャンの作成、パブリック・ロケーションのスキャン追加、パブリック・ロケーションとプライベートVPSロケーションでのローカライズのテストに使用できます。 それぞれの詳細は以下の通り。

パブリック・ロケーションの表示

パブリック・ロケーションを含む既存のNiantic Wayspotの分布を確認したい場合は、Niantic Wayfarerアプリを使用してMapビューでWayspotを表示することができます。 右上にある VPS のトグルボタンを使って、どのWayspotがパブリック・ロケーションであるかを表示することができます。

地図下部の Load Nearby Wayspots をタップすると、アプリを使って周囲約1km四方のWayspotを表示することができる。 あなたのデバイスの位置を囲む円は、参考のために半径40mの歩行距離を表しています。 ズームアウトするとWayspotが集まり、マップが整理される。

Waypoint selected
View zoomed out

ウェイスポットの詳細を表示するには、マップ上のWayspotマーカーをタップします。 選択したWayspotマーカーは地図上に拡大表示されます。 また、Wayspot のタイトル、写真、VPS の有効化ステータスが読み込まれます。 WayspotがVPS有効でない場合、 Test VPS ボタンはグレーアウトし、 VPS Statusの下に "Not VPS-activated" と表示されます。

Non VPS-Activated Waypoint

マップ上の他のWayspotマーカーを選択して他のウェイスポットを表示するか、詳細カードの X をタップしてデフォルトのマップビューに戻ります。

Wayspotの報告

WayspotがNiantic Wayspot基準(下記の「適格基準」で説明)を満たしていないと感じたら、Wayspot詳細カードの下部にある このWayspotを報告する をタップし、報告理由を選択して 提出するをタップします。

Select the reason for the report
Report is submitted
Report is submitted

スキャンのベストプラクティス

公共の場所でのスキャンやテストスキャンは、その場所を中心に直径10メートル以下の範囲で行うこと。 例えば、一般的な彫像はパブリック・ロケーションとして最適です。 一方で、建物全体は適切ではありません。 建物の出入り口など、建物の一部は適切な場合があります。 まずは小さなエリア(机、銅像、壁画など)から試すことをお勧めします。

スキャンする前に、周囲の状況に注意し、スキャンする場所にアクセスする権利を持っていることを確認してください。

対象物の周囲を1周することを忘れずに、特定箇所だけを回転したり、動かずにスマートフォンだけを動かしてスキャンしないこと。 デバイス上で生成されるメッシュが良ければ、VPS用に構築される3Dマップも高品質になります。 前後左右に動くことによって、対象物をスキャンする視点の数を増やすと、ローカライズ品質がより良くなります。 スキャンしながら移動する際は、以下の点に注意すること:

  • スキャンしたい対象物から5フィート(1.5メートル)ほど離れた場所に立ち、30秒〜1分ほどその周りを歩きます。
  • スキャンしたい対象物やエリアの周囲をどのように移動するか、前もって計画を立ててください。 できるだけ障害物がなく、見通しのよい道を確保すること。
  • デバイスをポートレートモード(縦向き)にしてください。 スムーズに移動し、急旋回したり、デバイスをぶつけたりしないようにしましょう。 これにより、トラッキングの精度が向上し、被写体のブレが軽減されます。
  • 一箇所に立ってスマートフォンを動かすのではなく、スキャンする対象物の周りを歩きます。
  • 同じエリアを何度も再訪問または再スキャンできますが、対象物や場所が直径10メートルの範囲に収まるようにしてください。
  • デバイスのカメラは、ハイアングルやローアングルではなく、エリアやオブジェクトをまっすぐ見てください。

最適な環境条件でのスキャンを心がけます。 これには以下が含まれます:

  • 周囲に人が多いときはスキャンを避けてください。
  • シーンを明るくしてください。 暗い場所でスキャンしなければならない場合は、ゆっくりとスムーズに動くことがより重要になります。

不完全に見えるスキャンや、スキャンしようとしているものを適切に表していないスキャンはアップロードしないでください。

次のビデオは、これらのスキャニングのベストプラクティスのいくつかを示しています:

テストスキャンのベストプラクティス

一日中変化がなく、物があまり移動しない対象物をスキャンします。 たとえば、ノートパソコンを置いたまま机をスキャンし、ローカライズを試みている間にノートパソコンを取り外してしまうと、失敗する可能性があります。

  • スキャンを送信する前に、 Test スキャンとしてマークしたことを確認してください。
  • 場所を正確にスキャンするために、テストスキャンに人を入れないようにする。
  • スキャンを保存する際、[今すぐアップロード] ではなく、[後でアップロード] オプションを選択します。 このオプションを使用すると、アップロードする前にもう一度テストスキャンを確認したり、「公開」または「非公開」ではなく「テスト」を選択したことを確認したりすることができます。
備考

1週間に提出できるテストスキャンは10回までです。

テストスキャンの作成

VPSでアプリをテストする場所が必要な場合は、Niantic Wayfarerアプリを使ってTest Scanをアップロードできます。 このスキャンは、 Lightship.dev 開発者アカウントで作成されたAPIキーを使用するアプリ内で、あなただけがアクセスでき、ローカライズ可能な場所を作成するために使用されます。

備考

テスト・スキャンは非公開であるため、VPS カバレッジ API を通じて発見することはできません。

備考

テストスキャンは、開発およびテスト目的でのみ使用してください。

テストスキャンを作成する前に、 スキャンのベストプラクティス および テストスキャンのベストプラクティスを確認してください。

テストスキャンの収集を開始するには、デフォルトのMapビューで、Wayspotマーカーが選択されていないことを確認します。 地図の下のロケーションカードで、 SCANをタップします。 これでカメラビューが開き、下部に録画開始ボタンが表示されるはずです。 開始ボタンをタップしてスキャンを開始します。 スキャンは20秒以上でないとデバイスに保存されませんのでご注意ください。 デバイスに1GB以上の空き容量があることを確認してください。

Scan map view
Entry scan not started
Scan started over 20 seconds

スキャンが終了したら、赤い停止ボタンを押すと、スキャン内容が自動的にデバイスに保存されます。 その後、スキャンが PublicTestかを選択するプロンプトが表示されます。 Test を選択し、 Nextをタップする。

ヒント

1分以上のスキャンはVPS用に複数のメッシュに分割されます。 メッシュはすべて、 Lightship.dev 開発者ポータルから入手できます。

Select Public or Test
Upload now or later?
Save Completed

今アップロードするか後でアップロードするかを尋ねられたら、 Upload Later を選択することをお勧めします。そうすれば、アップロードする前にもう一度テストスキャンを確認したり、公開ではなくテストを選択したことを確認したりすることができます。 Upload Laterを選択した後、 DONE をタップし、 OKAYをタップします。 その後、白い矢印をタップしてカメラビューを終了します。

保存したスキャンをアップロードするには、下部メニューバーの Logbook をタップし、保留中のスキャンアップロードを表示します。 スキャンの詳細を表示するには、リストビューでスキャンをタップします。 スキャンのサムネイル、日付、サイズ、時間、種類、場所が表示されます。

サムネイルをタップすると、スキャンの保留メッシュのインタラクティブなビューを開くことができます。 スキャン詳細カードでは、スキャンを削除またはアップロードすることができます。

保留中のすべてのスキャンのメインリストビューで、 UPLOAD ALL をタップしてすべてのスキャンのアップロードを開始するか、青いアップロードボタンをタップして個々のスキャンのアップロードを開始することができます。

Logbook List View
View Clips
View Scan Mesh
備考

ログブックには、デバイスに保存されたアップロード待ちのスキャンのみが表示されます。 そのため、一度スキャン画像をアップロードした後、ログブックから離れると、再度ログブックを表示したときに、スキャン画像は表示されなくなります。

テストスキャンをアップロードすると、Nianticは4時間以内にそれをプライベート3Dメッシュにします。 Lightship.dev ポータルからテスト スキャンにアクセスして管理し、処理ステータスを確認したり、生成されたメッシュを表示したり、スキャンを削除したりできます。 詳細については、 テスト・スキャンの管理方法を参照してください。

Nianticパブリック・ロケーションへのスキャン投稿

アプリが既知のWayspotでローカライズに問題がある場合、その場所がパブリック・ロケーションになるのに十分なスキャン数を持っていない可能性があります。 そのパブリック・ロケーションの追加スキャンを提出することで、時間をかけてスキャンの質を向上させることができます。

スキャンを作成する前に、 Scanning Best Practicesを確認してください。

パブリック・ロケーションの近く来たら、マップのパブリック・ロケーション マーカーをタップし、Wayspotの詳細を表示します。 カードの上部で、 SCAN をタップし、デバイスのカメラを開いてスキャンを開始します。 Creating Test Scansの説明に従ってスキャンを開始します。スキャンタイプは Public を使用します。 この場合も、 Upload Laterを選択することをお勧めします。

Waypoint selected

Wayspotマーカーが選択されていない場合、デフォルトのマップビューからスキャンを作成することもできます。 このタイプの "freeform "スキャンでは、上記のようにスキャンを行うことができるが、その後、スキャンを近くの場所に関連付けるよう促されます。 スキャンで取り込んだ画像がウェイスポットの3Dメッシュと適切に関連付けられるよう、スキャン地点に最も近いウェイスポットに関連付けることをお勧めします。

Scan map view
Wayspot Assocation
Upload now or later?

ローカライゼーションのテスト

既知のパブリックロケーションや、アップロードに成功したテストスキャンのスキャン品質をテストする必要がある場合は、Niantic Wayfarerアプリを使用して行うことができます。 その場所に行き、Mapビューから TEST VPS 機能を使用する必要があります。 VPSのローカライズは、そのロケーションのカバーエリア内であればテスト可能です。 ロケーションの正確なカバーエリアの境界を取得するには、VPS Coverage APIを使用する必要があります。

Waypoint selected