本文へスキップ

class ARScanningManager

(Niantic.Lightship.AR.Scanning.ARScanningManager)

概要

AR](/docs/ja/ardk/apiref/Niantic/Lightship/AR/)シーンのスキャンをプレイバック用に記録するマネージャー。 マネージャーを有効にするとレコーディングが開始されます。 SaveScan()](/docs/ja/ardk/apiref/Niantic/Lightship/AR/Scanning/ARScanningManager/#SaveScan)を使用して、録画を停止し、ScanPathに保存します。

    class ARScanningManager:SubsystemLifecycleManager< XRScanningSubsystem, XRScanningSubsystemDescriptor, XRScanningSubsystem.Provider > {
public
// fields

string ScanPath;
bool FullResolutionEnabled;
string ScanTargetId;
bool EnableRaycastVisualization;
bool EnableVoxelVisualization;
bool UseEstimatedDepth;

// properties

int ScanRecordingFramerate;

// メソッド

Texture2D GetRaycastColorTexture();
Texture2D GetRaycastNormalTexture();
Texture2D GetRaycastPositionTexture();
ScanStore GetScanStore();
async Task SaveScan();
async Task DiscardScan();
string GetCurrentScanId();

protected
// メソッド

override void OnBeforeStart();
override void OnDisable();
}

詳細資料

AR](/docs/ja/ardk/apiref/Niantic/Lightship/AR/)シーンのスキャンをプレイバック用に記録するマネージャー。 マネージャーを有効にするとレコーディングが開始されます。 SaveScan()](/docs/ja/ardk/apiref/Niantic/Lightship/AR/Scanning/ARScanningManager/#SaveScan)を使用して、録画を停止し、ScanPathに保存します。

Fields

ScanPath

string ScanPath

スキャンデータを保存するスキャンパス。 絶対パス('/'、'˶'、またはドライブ名で始まる)が指定された場合、ディレクトリは書き込み可能でなければならず、アプリケーションはフォルダに書き込む権限を持っていなければなりません。 そうでない場合、パスは Application.persistentDataPath からの相対パスとして解釈されます。

FullResolutionEnabled

bool FullResolutionEnabled

スキャン再構成用のフル解像度画像を記録。

ScanTargetId

string ScanTargetId

The scan target ID. スキャンが有効になる前に設定する必要がある。

EnableRaycastVisualization

bool EnableRaycastVisualization

スキャニングのレイキャスト視覚化を有効にする。 レイキャストテクスチャにアクセスするために必要です。

EnableVoxelVisualization

bool EnableVoxelVisualization

スキャンのボクセル可視化を有効にする。 ボクセルの計算に必要。

UseEstimatedDepth

bool UseEstimatedDepth

デバイスにネイティブの深度実装がない場合は、予測深度データを使用する。 可視化が有効な場合は必須。

プロパティ

ScanRecordingFramerate

int ScanRecordingFramerate

スキャン録画のフレームレート。 スキャンが有効になる前に設定する必要がある。

メソッド

GetRaycastColorTexture

テクスチャ2D GetRaycastColorTexture()

現在のレイキャストカラーテクスチャを読み込む。

レイキャスト視覚化のためのカラーテクスチャ。 それ以外はNULL。

GetRaycastNormalTexture

テクスチャ2D GetRaycastNormalTexture()

現在のレイキャスト法線テクスチャを読み込む。

レイキャスト視覚化のための法線テクスチャ。 それ以外はNULL。

GetRaycastPositionTexture

テクスチャ2D GetRaycastPositionTexture()

現在のレイキャスト位置のテクスチャを読み込む。

レイキャスト視覚化のための位置テクスチャ。 それ以外はNULL。

SaveScan

非同期タスク SaveScan()

現在のスキャンを保存する。 これにより、それ以降の記録は即座に停止し、保存が完全に完了した時点でコルーチンが終了する。

この作業中は、コンポーネントを無効にしたり、アプリを終了したりしないでください。 このプロセスが中断されると、スキャンは正しく保存されません。

    戻り値:

DiscardScan

非同期タスク DiscardScan()

現在のスキャンを破棄する。 これにより、それ以降の録画は直ちに停止され、既存のデータがすべて削除された時点でコルーチンが終了する。

    戻り値:

GetCurrentScanId

string GetCurrentScanId()

現在のscanIDを返す。 結果はスキャンが進行中のときのみ表示される。

    戻り値: